多発性骨髄腫の薬物療法では近年、治療選択肢が広がり、薬剤師とのおつき合いも増えてきているのではないでしょうか。そこで、土手賢史先生(京都桂病院薬剤科)に、薬剤師の立場から、薬物療法を受ける上での注意点、治療を継続するためのアドバイス、さらに病院の薬剤師さんが患者さんをどのようにサポートしていらっしゃるのか、などについてお話を伺いました。

応用編

お薬による治療を前向きに続けるために

土手賢史 先生
京都桂病院 薬剤科

先生からのメッセージ

多発性骨髄腫の治療経過はとても長いです。患者さんが自分らしく生活できるように薬剤師がサポートします。

多発性骨髄腫の治療では、患者さんを中心に医師、薬剤師、看護師、ソーシャルワーカーなど、いろいろな職種の人がチームを組んで患者さんをサポートしています。多発性骨髄腫では新しいお薬がたくさん出てきて、治療が複雑多岐にわたってきました。そのため、患者さんが主体的に病気や治療について理解を深めていただくことで治療の効果や安全性につながるのではないかと思います。薬剤師は、患者さんが意欲をもって治療に臨めるようサポートする役目があります。多発性骨髄腫は治療経過が長く、治療意欲が維持できないこともあると思いますので、もし治療意欲が落ちてきたなと感じたら、ぜひ相談してください。また、医師が選択した最適な治療が安全に継続できるように支援を行います。私は、患者さんに「私の担当薬剤師は○○さん」と、パッと顔を思い浮かべてもらえるような関わり合い方をしたいと思っています。

また、薬物治療を安全に行うためには普段服用されているお薬やサプリメント・健康食品などの情報を一元的に把握する必要があるため、お薬手帳に記載されている情報がとても参考になります。多発性骨髄腫のほかに別の病気でお薬をいくつも服用している患者さんでは、お薬どうしの相性が悪いと効果が出にくかったり、副作用が強くあらわれることがあります。複数の医療機関を受診されている場合は、どのようなお薬を服用しているのかがすぐわかるように、お薬手帳はいつも持ち歩くようにしましょう。その際、医療機関ごとにお薬手帳を分けず、1冊にまとめておくことが重要です。